貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
先週末の急激な下げに対する反動で、押し目買いが優勢の展開
為替が不安定なことから、ディフェンシブ関連株が物色の柱となり
日経平均は反発

NTTやKDDIなど通信株が大幅高となり明治HDやJR東日本などの
ディフェンシブ関連の上昇が目立ったほか、ファーストリティやセコムも大幅高

また、中期経営計画が好感されたVテクがストップ高まで買われ、
上方修正を発表した新日本建設や米国産業ガス事業買収を発表した大陽日酸、
証券会社のレポートが買い手がかりとなったエニグモなどが強い動き

その一方で、、シャープが連日の大幅安で100円割れとなったほか
投資判断の引き下げのあった野村HDや、上期最終赤字転落見通しの
三陽商会などが大きく売られていた

反発はしたっものの、戻り度合いは物足りないといった状況で
しばらくはモヤモヤした相場展開が続くとの指摘あり・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2958-db7f4ddc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック