貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株高や円安などから幅広く買い直され東京市場はほぼ全面高

参院選で与党が勝利し、安部総理が経済対策の準備を指示と伝わり
一段と買い姿勢が強まり日経平均は5日ぶりに大幅反発
業種別では全33業種が上昇し市況関連や金融株などがランキング上位

この中、任天堂の急伸が市場の注目を大きく集め、株式を保有している
京都銀行がレポートを手がかりに大幅高
また、ダイキンや日東電工、パナソニックなどがそれぞれ日経新聞の記事を
材料に値を飛ばしたほか、大成建設が年初来高値を更新するなど、
政策関連銘柄に資金が向かっていた

東証1部の売買代金は概算で2兆1291億円と、先週末8日の2兆588億円からは
大きくは増えておらず、上値は25日線までで抑えられた
今日の上昇が買い戻しにすぎなければ、明日の売買は大きくは増えず、
上値も限定的となりそうとの指摘あり・・・・・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2970-101f0eff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック