貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株高や円安を背景に買い先行スタートしたが買い一巡後は材料難のなか
円高傾斜や任天堂がストップ安となったこともあり日経平均は小幅続落したが
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1166/値下がり697と買いが優勢

この中、日経新聞の業績観測を手がかりに王子HDが大幅上昇となり
大王や三菱、巴川など他の製紙メーカーにも買いが波及し紙・パルプが騰落率トップ

また、富士通ゼネラルや東京製鉄が決算内容を評価され買われていたほか、
マツダが業績観測が市場予想を上回り大幅高
「モンスターストライク」の映画化を発表したミクシィや、1Q営業利益が
従来計画を上回ったKOAなどが強い動きだった

短期的には任天堂および「ポケモン」関連銘柄には売り圧力が強まりやすく、
他に資金の受け皿となる銘柄が出てこなければ、市場が閑散としていた頃に
逆戻りしかねないとの指摘も・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/2981-c1529012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック