貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
金融政策を受け金融セクターなどが上昇し日経平均は大幅反発

マイナス金利の深掘りは見送られたことなど金融機関の経営悪化懸念が後退
金融株の上昇がとにかく目立った展開で、なかでも三菱UFJ、三井住友、みずほの
メガバンク3行や、第一生命、T&Dなどが値を飛ばしていた

また、1Q決算の好調が確認できたクスリのアオキはストップ高まで買われ、
月次好調の神戸物産が急伸となったほか、経営統合を発表したクミアイ化学と
イハラケミカルがそろって大幅上昇

日経平均は大幅高といっても先週の下げ分を戻した程度の上昇だが、
7月会合に続き、日銀会合結果発表後に指数が上昇となったのはポジティブとの声も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3029-b7f0046f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック