貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株高や原油高など外部環境の好転から、日経平均は一時200円超の上げ幅となり
終値で9月7日以来の17,000円台を回復
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1132/値下がり699と買い優勢

この中、原油価格上昇を受け国際帝石や石油資源開発が大幅上昇したほか
韓国サムスンの新型スマホの発火事故から、ライバルのアップル関連とされる村田製や
日東電などに見直し買いが入っていた

また、日経新聞記事から電池関連が賑わい、倉元や藤倉ゴムなどが急伸、
利益上振れ見通しを発表したベスト電や古野電などが買いを集めていた

外部環境が良好なだけに、日経平均17,000円回復で一段と下げづらい地合となったのか?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3044-08434a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック