貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株高や円安を背景に日経平均は一時17,000円に迫る場面もあったものの
9月の中国貿易統計をきっかけに円高進行に、一転して売りが優勢となり続落
東証1部の売買代金は概算で1兆8,900億円と8営業日連続の2兆円割れ

自動運転システムに参入すると報じられた東芝や、トヨタとの提携検討を発表した
スズキが強い動きとなったほか、カジノ法案の審議進展期待からオーイズミや
テックファームなど関連銘柄が賑わっていた

また、ベルシステム24やコスモス薬品、石塚硝子などが業績関連のリリースを
手がかりに大きく上昇

日経平均は節目の17,000円に上値を抑えられた一方で安値は16739円と、
下は25日線(16736円)までで下げ止まり、上にも下にも方向感を出さずという動き


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3046-a334dd75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック