貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
昨日までの5連騰に加え、週末が重なり次第に利益確定売り優勢の展開のなか
場中に鳥取中部で発生した地震がリスク回避目的の売りを誘引したようで
日経平均は、6日ぶりに反落

この中、決算が好感された安川電が年初来高値を更新したほかオークマや
牧野フライス、THKなど機械関連が強い動き

また、昨日引け間際に観測報道で急落した昭電工は一転上昇し業績上方修正の
神栄ほか、メタップスやテリロジー、JDIなどが値を飛ばしていた

その反面、任天堂が9/14以来の直近安値となったほか、良品計画や
大東建託などがさえない展開となり、鳥取で発生した地震を受けて
鳥取銀行や本社が鳥取の寿スピリッツなどが急落

今週は、日経平均が抵抗となっていた17,000円を大きく上回り、直近高値の
いくつかを上回ってきたことで、1年間の調整を経て、当面の底打ちから
上昇局面を迎えた可能性が・・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3053-ce668476
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック