貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株安や原油安、円高などを背景に売られ高値警戒感や
米大統領選を控え先行き不透明感の強まりに日経平均は反落

この中、定期コンテナ船事業の統合を発表した海運大手3社が大商いとなり
決算を受けて川崎汽船は失速したものの、日本郵船や商船三井が大幅高

また、決算が好感された日立や東京エレクトロン、信越化学などが強い動き
業績上方修正を発表した遠藤製作はストップ高比例配分となり、
小田急との資本・業務提携を発表した白鳩もストップ高

その一方で、アルプス電や武田、三菱重が決算を受けて軟調展開だったほか
日本ガイシやOKI、トリドールなどが決算失望で急落

明日は日銀金融政策決定会合の結果発表
今回は事前の黒田総裁発言などから、金融政策は変更なしの可能性が高く
期待値も高まってはいないことから、無風通過でも失望売りは限定的か・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3061-0943d6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック