貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株高や円安基調など外部環境の好転を受けて日経平均は3日続伸
終値で18,000円を維持できなかったものの、今年1月以来高値水準
東証1部騰落銘柄数は値上がり1333/値下がり523

ドル円の110円台乗せを好感して自動車株が上昇となりスズキや
マツダなどに特に強い動き
また、株高の流れに東洋証や水戸証など中堅証券株が値を飛ばし
ロボットなど自動化装置の比率を倍増させると報じられたDMG森精機や
スポンサー候補に関する情報が伝わったタカタなどが大幅高

日経平均は今週、値幅で592円、騰落率で3.4%の上昇を記録したが
業種間の格差が大きく、週間騰落上位の海運(+9.2%)、銀行(+7.7%)、
鉱業(+7.6%)などが日経平均の上昇率を大きく上回る一方で医薬品(+0.2%)、
水産・農林(+0.5%)、食料品(+0.5%)などは大きく下回った
上昇相場の持続性という点では、まだ過熱感のないセクターがあることは
決して悪くない流れとの声も・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3076-3f124c62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック