貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円安進行を足掛かりに、日経平均は18,500円を目前に一方的な上昇に
対する警戒感に、週末も重なり売り優勢となり一時マイナス圏入りしたが
下値は限定的で押し目買いなどから大引けにかけ買い直され7日続伸
TOPIXも小幅高となり11連騰

円安と目標株価引き上げを受け自動車株に買いが入り、ホンダや日産自が
堅調に推移したほか三菱自が大幅上昇

また、材料銘柄に資金が集中し安永や第一化成が連日のストップ高となり
東証一部への市場変更を発表したBBTもストップ高
寄り前に子会社の臨床用iPS細胞作製キット発売を発表したアイロムGが大幅高

一方で、証券会社の投資判断引き下げが嫌気され、三井不や東京建物が軟調
直近強い動きが見られたグリーンペプや神戸発動機、ジェイテックなどは一転
大きく売られる展開

日経平均の今日の日足は上下に100円程度のヒゲをつけ、十字に近い線を形成
急ピッチの上昇が続いていることからも、来週はどこかで調整が入る可能性も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3081-4ba97034
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック