貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
OPECでの減産合意や円安が進行したことに加え、中国景況感の改善から一時、
日経平均は18,700円台まで上昇したが、次第に高値警戒感から売り優勢となり、
上げ幅を縮めたが終値は18,500円を維持し年初来高値更新 

この中、原油減産合意を好感し国際帝石が10%近い大幅上昇となったほか
出光やJX、東燃ゼネ石など石油関連も軒並み値を飛ばしていた

また、株高恩恵から証券株が買われ、野村HDが急伸しT&Dや第一生命など
保険株も強い動きだった

今晩、米国では11月のISM製造業景況指数や自動車販売台数などの発表が
予定され、明日は11月の雇用統計が発表の予定と引き続きドル高・円安期待が
日本株を下支えする展開かも・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3086-eae7d458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック