貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株安やドル高一服を背景に売り先行となったものの下値を売る向きは限定的で
日銀によるETF買い入れ期待が相場の下支え要因となり日経平均は小幅ながら
10日ぶりに反落

証券会社のレポートを手がかりにタカラトミーが大幅上昇となったほか日水コンとの
業務提携を発表した日本アジアGが急伸し、中国でのFC展開を発表した極楽湯や
株式分割を発表したマーキュリアがストップ高

その反面、、新作ゲームへの失望から任天堂が急落したほか、海運3社が揃って下落し
新人事や構造改革の進ちょく状況を発表した三陽商会は売り優勢の展開だった

日経平均は小幅安で10連騰はならず、底堅さは見せたが連騰中であったことを鑑みると
物足りない動き
東証1部売買代金が一気に2兆円台前半まで減少と市場エネルギーの低下が心配・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3101-c508ed3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック