貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株安や急速な円高進行を嫌気して売り優勢の展開
日経平均は大幅続落となったが19,000円台は維持

この中、下方修正発表のNECが17.4%安と大幅下落となり
今期大幅減益の見通しを開示した北陸電や3Q累計で営業赤字に転落した
ファンケルや通期の利益見通しの下振れを発表したフォスタ電などが大幅安

反面、住友化学が決算を材料に買いを集めていたほか、プリマハムや
フジッコなど食品株に業績関連のリリースで急伸する銘柄が目立っていた

日経平均は日銀会合の結果発表を受けた後場も買いが入らず安値引け
これで1月は月足陰線で月間でも下落

トランプ米大統領の排他的な政策が嫌気されている格好ではあるが、
NECの下方修正を受けた大幅安やソニーの減損発表など、メジャー銘柄で
業績に対する警戒を強めるような材料も多いが、昨日今日の下落で値幅調整も
進んでおり、ここからの下落余地は限定的・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3133-e9a70007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック