貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株安や円高進行を嫌気し、日経平均は一時19,000円を割り込む場面が
あったものの、売り一巡後は持ち直し値ごろ感から好業績株中心に買われ
日経平均は3日ぶりに反発

好決算のスタートトゥデイが商いを集めて大幅上昇となったほか、富士通や日野自
オムロンなども決算を受けて買われていた

また、日東電や京セラなどが大幅高となり指数を押し上げたほか、三菱自や
保土谷などが個別物色で上昇

半面、下方修正発表の新電工や日本調剤、3Q減収減益のコニカミノルタが大幅安
任天堂が大幅続落し東証1部の売買代金トップとなったほか、DeNAや
東京エレクトロンなども売られた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3134-1325f622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック