貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円高進行を背景に、日経平均は一時18,800円台後半に下げたものの
売り一巡後は円が弱含みに推移したことで押し目買いから下げ渋り
しかし、明日の日米首脳会談を前に、見送り姿勢が強まり方向感に乏しい展開

この中、東芝が後場に値を消し大幅安となったほか、南アフリカのプロジェクトに絡み
三菱重工から譲渡価格調整金の増額請求を受けた日立が急落
また、決算ではブラザーやカネカ、荏原、オーバルなどが大きく売られていた

その反面、決算が好感されたSUMCOが大幅上昇となりワコムやKYBも
決算を受けて急伸
また、3Qで通期利益計画を超過のに加え分割も発表した田辺工業はストップ高

日経平均は前場こそ下げ渋ったが、後場は売り直される格好で下げ幅を広げ
為替は比較的落ち着いていたが、東芝の突然急落など、きな臭い動きも見られ
重苦しいムードが漂った展開との声も・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3141-f81165ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック