貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
NYダウ平均が10日続伸と堅調を維持したものの、円高が重荷となり
日経平均は、一時150円超下落したが、売り一巡後には押し目買いなどで
一時プラス圏に転じる場面があったものの週末要因からポジション調整の
売りに押され3日続落

この中、コマツが5%超の大幅安となり、機械や非鉄金属、鉄鋼などに
大きく売られるものが目立った状況
また、今期の営業赤字見通しが嫌気されたDWTIや大幅下方修正を
発表したコックスが急落

その一方で、経営統合観測が報じられた森永乳業と森永製菓がそろって上昇し
森永乳業は13%超の大幅高となったほか、モバファクやJMCが商いを集めて
連日の大幅上昇
法人向け民泊サービスを発表したインベスCや株主優待導入を発表のリネットが急伸

円高への警戒から軟調推移が続いたが、下値の固さも見られたことから
週間では上昇を記録
日経平均は週間では約48円の上昇となり、週足では陽線を形成


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3154-773f35ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック