貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株高や為替の円安推移で安心感が広がり、買い優勢で始まったものの
米軍がシリア軍事基地にミサイル攻撃したと伝わり、地政学リスクが意識され
一転して円高・ドル安が進行し、日経平均は一時マイナスに転じたが
下げは限定的で、大引けにかけて、押し目買いなどから上げ幅を拡大

この中、決算が好感されたセブン&アイが大幅上昇となったほかアマゾンの
当日配送撤退との日経報道を手がかりにヤマトHDが買われ、遠州トラックや
ファイズなど物流関連が賑わっていた
また、地政学リスクの高まりを受け、連日で小型防衛株が物色された

反面、シャープや任天堂が軟調な展開となったほか、JALとANAは
ミサイル発射報道を受けて下げに転じ、業績下方修正のトーセが大幅安


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3189-9f22b5dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック