貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
地政学リスクの反応がNY市場や為替ともに限定的だったことを好感し
買いが先行したものの、新規材料に乏しく買い一巡後は伸び悩み
日経平均は反発
東証1部騰落銘柄数は値上がり1405/値下がり504と買い優勢

事業再編や入札に関する観測など材料が多かった東芝が急騰したが
その一方でシャープが急落と、再建中の2社に対照的な動き
また、決算が好感されたエスクローAJや大有機、ノダがストップ高まで買われ
好材料があった銘柄は株価も敏感に反応

その一方で、今期減益計画の久光製薬が大幅安となったほか
1Q大幅減益のFブラザーズや下方修正発表の島忠など
ネガティブな材料が出た銘柄はきつい下げ

日経平均は8日連続陰線ではあったが、後場もほとんど崩れず3桁上昇と
年度替わり近辺では強い売りに押される場面が多かったが、今日はその前の
薄商いだけど崩れない地合いに戻ったような印象との指摘あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3191-c91d6d52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック