貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
大型連休を前に利益確定売りが強まった展開のようだったが
好業績株が物色され下値は限定的になり日経平均は続落

東芝向け融資で損失計上すると伝えられた三井住友FGなど
金融セクターが軟調に推移したほか、アドバンテストや東邦チタニウム
デクセリアルズなども決算で大きく売られた

反面、決算を発表した任天堂は、じわじわと買いが入り強い上昇となり
売買代金は断トツのトップの大人気となったほか、アルプス電気やアンリツ
日立マクセルなどが決算で大幅上昇

また、デンソーとの資本提携を発表したイビデンが今期見通しも
好感されて値を飛ばした一方で、提携相手のデンソーは決算失望に大幅安

日経平均は売り圧力が強かったものの、一目均衡表の雲下限は割り込まず
雲が薄い中でこの範囲内での小動きが続いており、この先、上か下か
抜けた方に基調が大きく傾く可能性が・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3207-b96073df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック