貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ダウ平均が4日続落だったことや、地政学リスクの高まりなどを受け
円が強含んだことで売りが先行したが、下値は限定的だった
日経平均は小幅続落
東証1部の騰落銘柄数は値上がり854/値下がり1057と売りが優勢

この中、買収観測が報じられた野村不動産HDの急騰が呼び水となり
不動産株全般に買いが波及

また、日立やスズキが決算を受けて大幅上昇となったほか、市光工業や
アミューズ、じげんなども決算を手がかりに急伸

その一方で、そーせいは決算が売り材料となり大幅安となったほか
名村造船や石原産業は2桁の下げとなり、モーゲージSやダイヤモンド電機は
ストップ安まで売られていた

マイナスながら日経平均、TOPIXとも高値引け
円高進行やサイバーテロへの警戒、地政学リスクの再浮上など、アゲインストの
材料が多くあった割には、非常にしっかりした動き・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3218-d7167f7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック