貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米株高や円安進行を好感し買い優勢の展開となり、懸念されていた
欧米の政治イベントが、大きな波乱がなく通過し投資家心理が大幅に改善
日経平均は、反発し一時20,100円に迫る場面もあった

この中、ソフトバンクGが急伸し年初来高値を送信し相場を牽引したほか
東芝が買いを集め300円台を回復

また、任天堂やDeNAが買われゲーム株の賑わいが続く中、モブキャストや
アエリアが商いを集めて上昇しトーセやオルトプラスはストップ高

他にも、スバル興業やアセンテックが決算を受けて大幅上昇となり
新規カバレッジを受け東海カーボンが急伸し、日本カーボンにも買いが入っていた

その一方で、子会社資金の不正流出の疑義が判明したユニバーサルが急落し
1Q営業減益のシーイーシーや、市場価格を下回る価格で自己株TOBを発表した
ジョイフル本田が大幅安

今週は、全営業日で日経平均が20,000円を挟んだ動きが続いたが
来週はFOMC前と後とでは為替のトレンドに変化が出るか・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3240-6df94593
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック