貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ダウ平均が最高値を更新したことや為替が111円台で落ち着いた動きから
東京市場は買い優先の展開となり日経平均は続伸し2万円台回復
しかし、東証1部売買代金は、概算で1兆9800億円と5/30以来の2兆円割れ

この中、ソニーや任天堂が後場一段高となったほか、大成建や大林組など
ゼネコンも年初来高値を更新

また、自己株取得を発表したゼリア新薬や、株式分割を発表した東祥が大幅上昇し
ヤーマンやLifullが証券会社のリポートを手がかりに買い人気となっていたほか
宅配ボックスの発売を発表したナカバヤシが急伸

その一方で、コンテナ船とイージス艦の衝突事故に絡み、日本郵船が売られ
証券会社が目標株価を引き下げた西松屋チェーンが軟調だったほか
タカタがストップ安比例配分となり、野村不HDは13%を超える大幅下落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3248-84b29041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック