貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
先週末の米株高や円弱含みを受け、輸出主力株中心に幅広く買い先行
買い一巡後は、下値を試す場面もあったが円相場が一段安となったことで
買い直されて、日経平均は3日ぶりに反発

この中、任天堂が3%超の大幅上昇となったほか、コンテナ事業統合の
新会社設立を手がかりに海運株が買われ、中でも商船三井が強い動き
また、1Q業績好調観測が報じられたディスコが上昇し決算好調の吉野家が急騰

その一方で、スマートフォンの月額料金引き下げと報じられたKDDIが弱い動きとなり
値下げ競争が懸念されてドコモなど他の通信株にも売りが波及
島忠やオンワードは、決算が売り材料となって軟調

米国の6月雇用統計は、強すぎず弱すぎずという内容で、日本株にとっては、先週までの
円安基調が崩れず、いよいよ114円台を回復してきたという点がポジティブ


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3266-71b3da5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック