貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
イエレンFRB議長の議会証言や6月米消費者物価指数など重要指標の発表を控え
手掛かり難の中、円相場の下落を手掛かりに幅広く買われ日経平均は続伸
日中取引としては、6/29以来の一時20,200円台を回復
東証1部の売買代金は2兆600億円と盛り上がりに欠けた

この中、ソニーやファナックなど値がさハイテク株が後場一段高に推移し
東芝の代替で日経平均構成銘柄への採用が決まったエプソンが大幅上昇

また、決算が好感されたプレナスやクリエイトSDH、米企業からベアリング事業を
取得すると発表したツバキ・ナカシマなどが急伸

反面、1Q営業赤字拡大のリソー教育が急落となったほか、ローツェやANAP、
プロパストなども決算が売り材料となり大大幅下落

ドル円が114円40銭台をつけ、今日の動きで5月中旬の水準を上回ってきており
前回の戻り高値を抜いたことで、円安にも弾みがつく可能性があるとの声も・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3267-1bcf1de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック