貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
円高が重荷となったことや、北朝鮮による地政学リスク警戒もあった一方で
好業績株への押し目買いが下支えとなったものの、日経平均は小幅続落
東証1部の売買代金は、概算で2兆9000億円に膨らんだ

この中、8月1日からの日経平均構成銘柄採用に絡んでエプソンが大幅高となり
売買代金は任天堂を抜いて全市場トップと大商い
また、2部降格となる東芝は大きく売られる場面もあったが、引けにかけては急速に
買いが入ってプラスで終え、売買代金3位の商い

半面、ファナックが決算を受けて大幅下落。OKIやコニカミノルタ、新日本無線などが
決算失望で急落し、協栄産業はストップ安

このところ月初が強いというアノマリーが継続しており、明日は月替わりで
地合いに変化が出てくるかも・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3283-4b3e5c31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック