貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ダウ平均が最高値を更新したものの、東京市場は利益確定売り優勢
米7月雇用統計を前に、見送られ日経平均は3日ぶりに反落
東証1部騰落銘柄数は値上がり986/値下がり896と指数は下げたが
買いが優勢だった

この中、上方修正を発表した古河電工が商いを集めて大幅上昇となったほか
好業績のANAやニチコンが買いを集め、コロプラは先の業績改善期待から大幅高と

また、住友商事や三井物産など、後場に決算を発表した商社株がプラス転換となり
1Qの進ちょくが極めて良好であったイソライトや大阪工機はストップ高

半面、1Q営業減益のカシオが大幅安となり、営業赤字幅が拡大した日立造船や
今期の減益見通しを発表した淀川鋼、前期の営業減益着地に優待廃止を発表した
インテリWなどが大きく売られていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3286-be40c9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック