貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ダウ平均は連日最高値更新したのに、東京市場は円強含みが重石となり
輸出主力株中心に売り優勢の展開となったものの、好決算銘柄には
物色意欲は強く相場を下支えしていたが、日経平均は続落

この中、トヨタとの資本提携観測が報じられたマツダが商いを伴って上昇し
クボタやNTTデータ、ニコンなどに決算を好感し買われていた

また、大幅上方修正を発表したホシデンや1Q大幅増益のグンゼが急伸し
TOBに賛同の意を示したポケットカードがストップ高

半面、決算が失望となったダイセルが大幅安となったほか、ディスコは上方修正と
増配を発表したものの大きく売られ、下方修正発表のPALTEKや証券会社が
目標株価を引き下げたアダストリアが弱い動き

日経平均は週間で約7円の下落と、月替わりしても殆ど動きがなかった週となったが
マザーズ指数は週間で3.9%安と大幅下落し、日経ジャスダック平均は0.8%安と
それほど下げておらず、マザーズ銘柄は支えが外れたところで下げが加速した感じ・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3287-71a104f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック