貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
ダウ平均の下落や円高が警戒され下落スタートとなったものの
後場を通じてプラスに転じ高値引けとなり、日経平均、TOPIXともに4日続伸

この中、売り出し株の受渡期日を迎えたヤクルトが買われたほか、東京エレクや
SUMCOなど半導体関連が引き続き堅調

また、株式分割が好感されたライクキッズネクストがストップ高となったほか
好業績の内需関連株としてエスケイジャパンが買い人気を集め、ヴィンクスや
ビューティガレージ、広済堂などの上昇が目立っていた

その一方で、メガバンクや自動車株の一角が軟調だったほか、菱洋エレクが
前期の大幅減益が嫌気されたほか、シーズHDが上半期は上振れ着地も軟調


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3466-e2200e15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック