貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株の大幅高を受けて上昇して始まり、日経平均は上げ幅を拡大したが
寄り付き直後が高値となり、その後は失速
小幅安の時間帯が長く続いたのち、引けにかけて買われプラス圏まで戻した

この中、米国でハイテク株が上昇した流れを受けてSCREENやアドバンテスト
ディスコなど半導体株が上昇していたほか、良好な訪日外客数を受けて資生堂や
ファンケル、コーセーなど化粧品株に強い動き

また、KLabが商いを伴って大幅高となり、スター精密やロゼッタが証券会社の
リポートを材料に買いを集め、東証1部への市場変更を発表したラクスルが急伸

反面、映画部門で米ディズニーと対立していると報じられたソニーが大幅安となり
原油安を嫌気して国際帝石や出光興産、JXTGなどが売りに押されていたほか
新株予約権を発行すると発表したリーダー電子は大幅安


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3880-d046107b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック