貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米ダウ平均の上昇や、ドル円の円安などが好感されていたほか、日銀による
金融緩和期待なども支えとなり、日経平均は7日続伸に21,500円台回復
東証1部の売買代金は概算で2兆7300億円

この中、三菱UFJが4%を超える上げ幅になったほか、武田薬やホンダ
第一生命HDなど幅広い主力大型株が買われていた

また、東洋証券が寄り付きから上値追いが続き、大幅高となり値上がり率トップ
光世や水戸など中堅証券に短期の買い物が集中し、地銀株への物色も続いていた

反面、通期営業利益を上方修正したシーイーシーが買い気配スタートとなったが
ほぼ寄り付き高値で大陰線を形成となっていたほか、CTCやネットワンなど
5G関連の一角が売られていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3897-1537bc43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック