貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株が休場であったため、方向感に欠け株安・円高の流れが強まる展開
日経平均は節目の24,000円をあっさり割り込み、4日ぶり大幅反落

この中、新型コロナウイルスへの警戒が強まる中、防護服やマスクなど関連した
需要が見込まれる銘柄に資金が集中し、川本産業、オーミケンシ、アゼアス
重松製作所などがストップ高まで買い進まれていた

また、今期の最終黒字観測が報じられたラオックスがストップ高となっていたほか
前期利益見通しの上振れと増配を発表したシンシアが急伸

その一方で、SCREENや東京エレクトロンなど半導体株の一角が大幅安となり
新型コロナウイルスの被害拡大で訪日需要の減退を招くとの見方から、資生堂や
コーセーなどの化粧品株やHISや、JAL、ANAなど旅行関連株が売りに押されたほか
TOBを材料に前日急伸した東芝機械は一転9%超の大幅下落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/3998-ab192c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック