貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
まちまちの米国株を受けて、東京市場は終日不安定な動きが続き
日経平均は、前場では上値を試した後に失速したが、アジア株高などを
追い風に盛り返し、上げ幅を広げたものの、東京でのコロナウイルス感染者が
1日で100人を超えたと伝わり、後場は値を消す展開
再び下げに転じる場面もあったが、押したところでは買いが入り、結局小幅反発

米国で「巣ごもり関連」が買われたことを材料に任天堂やソニーが上昇となり
証券会社が投資判断を引き上げたガンホーが急伸していたほか、トヨタやスズキや
SUBARUなど自動車株が総じてしっかり

その一方で、アンジェスが12%近い大幅下落となり、マザーズでコロナ相場において
存在感を出していた銘柄の多くが急落
オンコセラピー・サイエンスやナノキャリアなどバイオ株やPCR検査装置関連として
注目を集めたPSSが急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/4128-de07a257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック