貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
先週末の米国株が休場で手掛かり材料に乏しい中、東京市場では半導体株に加えて
ソフトバンクGなどが上昇を先導し上げ幅を広げ、中国株が大幅高となったことから
日経平均は前場では300円を超える上昇となり、後場に入ると買いの勢いが一段と増し
引けまで一本調子の上昇が続いて3日続伸

指数寄与度の大きいソフトバンクGとファーストリテイリングの2社が大幅高となっていたほか
半導体株に見直し買いが入る中、SCREENが5%超える上昇となっていた

また、都知事選の現職圧勝を受けてイトーヨーギョーやベルテクスなど無電柱化関連銘柄が
賑わい、九州豪雨の復興需要への思惑から災害対策関連が物色されていたほか
九州地盤のコンクリートメーカーのヤマウがストップ高

その一方で、アンジェスやテラなどバイオの一角が大幅安となっていたほか、今期営業赤字の
見通しとなったクラウディアや、3Q営業赤字の霞ヶ関キャピタルが急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/4130-4d60a61d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック