貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株は大幅高となったが、昨日の米株先物の動向で織り込んでいたこともあって
東京市場は下落スタート

日経平均は、序盤では切り返してプラス圏に浮上したが、上値は重く売り直され
下げ幅を広げたものの、心理的節目の22,500円に近付いたところでは下げ渋り
その後は次第にこう着感が強まり4日ぶりに反落

半導体株の動きの良さが目立って、レーザーテックやアドバンテストが大幅上昇となり
四半期速報が好感されたディスコは年初来高値を更新

また、前期の営業利益見通し上振れを発表したSansanが急伸していたほか
ヤマトHDは6月の宅配月次が好調で買い人気を集め、上方修正と増配を発表した
前澤工業が一時ストップ高

その一方で、ファーストリテイリングやトヨタ、ソニーが軟調となっていたほか、ガンホーや
中外製薬が大きめの下げとなり、1Qが大幅な最終赤字となった高島屋が大幅安
また、月次がさえなかった日本KFCや青山商事が急落


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/4131-2eccf148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック