貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
米国株は小動きで新たな手掛かりには乏しい中、日経平均は終日軟調に推移
下値を試しに行ったが、28,800円は割り込まずに下げ渋った一方で、そこから
28,900円近辺まで戻すと上値が重くなって、以降はもみ合って続落

証券会社が目標株価を引き上げたJALとANAが大幅上昇となっていたほか
HISやエアトリ、オープンドアなどレジャー関連が強く、串カツ田中や鳥貴族など
外食株の一角が買い人気を集めていた

反面、レーザーテックや東京エレクトロンなど半導体株が大幅安となり、証券会社が
投資判断を引き下げたダイキンも大幅安
また、ソニーG、太陽誘電、TDKなどハイテク株の多くが軟調となっていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://korekawa.blog80.fc2.com/tb.php/4399-317f2ce8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック