貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
■ 米国株高を好感し、日経平均は反発
2021年06月14日 (月)
米国株高に反応し、日経平均は上昇スタートし、29,200円台に乗せたが
開始1分で今日の高値をつけて失速したが、29,000円に接近したところで盛り返すと
じり高基調が続き、29,100円台に乗せ、高値圏での引け

この中、ナスダックの引け味が良かったことから、エムスリーやレーザーテックなど
主力グロース株が買われたほか、ファナックやキーエンスなどFA関連も強い動き

また、証券会社のリポートを材料にブリヂストンや横浜ゴムなどタイヤ株が買われ
HISは上期が大幅最終赤字となったものの、悪材料で出尽くしとの見方から大幅上昇し
上方修正と増配を発表した神戸物産が急騰

その一方で、任天堂やスクエニHDなど、ゲーム株が大幅安となっていたほか
米国の長期金利低下傾向が嫌気され、三菱UFJや三井住友が売りに押されていた

また、一部メディアで、マンションの施工不良が取り上げられたことで、名前の挙がった
野村不HDと清水建設が後場に入って大きく値を崩していた


       ☆彡 株ブログランキングはコチラです ☆彡

     

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL

Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL

■ この記事へのトラックバック
| Top |