貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
■ FOMCを控えて買い見送りムードに反落
2021年06月16日 (水)
米国株安を受けて、日経平均は下落スタートし押したところでは買いが入り
下げ幅を縮めたものの、プラス圏に浮上できず失速すると下げ幅を拡大し反落
東証1部騰落銘柄数は値上がり1213/値下がり876と、日経平均の下落の割には
値上がり銘柄は多かった

この中、郵船、川崎汽、商船三井の海運大手3社が大幅上昇となっていたほか
日経新聞の次世代パワー半導体材料に関する記事を材料にAGCが大幅高となり
タムラ製作所はストップ高比例配分

反面、任天堂やソニーGなどゲーム株が大幅安となり、エムスリー、メドレー、メドピアなど
医療系のグロース企業が売りに押されていたほか、東京エレクトロンやレーザーテック
TDKなどハイテク株も多くが下落

また、アフターコロナ関連の弱さが目立って、JALやJR西日本が大きく売られたほか
直近で騰勢を強めていた東洋刃物が一転急落


       ☆彡 株ブログランキングはコチラです ☆彡

     

■ Comment
■ コメントを投稿する
URL

Pass
Secret 管理者にだけ表示を許可する
 
■ Trackback
この記事のトラックバックURL

■ この記事へのトラックバック
| Top |