貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
NY市場の落ち着きや、自律反発狙いの買いなどで上昇して始まったが
買い一巡後は再び円強含みに推移したことで、日経平均は一時19,500円を
下回る場面があったものの、日銀によるETF買い入れ期待から下値を切り上げ
底堅く推移し3日ぶりに反発

証券会社のレポートを手がかりにVテクノロジーが、大幅高で連日の高値更新となり
米国エアバッグ訴訟の和解が報じられたタカタはストップ高
また、上げ幅は縮小したものの、売り出しを発表したルネサスは一時ストップ高し
提携報道が好感されたユーグレナや、決算が好感された洋エンジなどが大幅高

日経平均は今週、2万円に乗せる絶好のチャンスを逃して急降下してしまい
企業決算はおおむね良好との見方が多いが、決算発表一巡後に買われているのは
半導体や有機EL関連などで日本株の買い安心感が高まったとは言い難い状況・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

トランプ米大統領とロシアの不透明な関係が意識され、欧米株が大幅に下落
また、リスクオフムードが強まったことで円が買われたことなどを嫌気し
日経平均は大幅続落

全面安のなか、特に銀行株の下げが大きく三菱UFJは4%を超える大幅下落
証券会社のレポートを材料にオリンパスが大きく売られたほか、月次が
失望を誘ったJACRや前期減益着地のフジプレアムなどが急落

リスク・オンのムードを冷やす米国株の急落を受けて東京市場も軟調でだったが
後場は前場の高安の範囲内での小動きで、19500円台で終えるなど底堅さも・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円高進行を嫌気し日経平均は、一時150円以上値下がりするも
押し目買いなどから下げ幅を縮小し19,800円を挟んで膠着

トヨタなど自動車株をはじめとした、輸出関連株が軟調に推移したほか
原油安から国際帝石などの石油・資源株や商社株がさえない展開

反面、任天堂が3日続伸し終値で30,000円台に乗せたほか、今期の
大幅増益計画が好感された住友化学や投資判断引き上げのあった
東京エレクが大幅上昇

決算シーズンが一段落したタイミングで弱い動きが出てきたことから
しばらくは日替わりで強気と弱気が入れ替わる地合いが続きそうとの声も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

欧米株高や原油高を好感し買い先行となり、日経平均は一時19998.49円まで上昇し
日中高値を更新したが、その後は急速に伸び悩んだが、3日ぶりに反発

好決算と増配が好感されたVテクノロジーが商いを集めて大幅上昇となったほか
1Q決算を通過したソレイジアが値を飛ばしていた

また、業績予想を開示したジーンズメイトはストップ高となり、アズジェントや
マルコなども決算を受けてストップ高と、好材料のあった銘柄は強い動き

その一方で、再建への不透明感が強まった東芝が大幅安となったほか
昨日ストップ高まで買われた野村不HDは一転売り優勢となり、タカラレーベンや
大京が決算失望で急落

日経平均は2万円に乗せることはできなかったが、19,900円台で終え
弱くはないが、先週に続いて節目を前に押し戻されており、2万円が
抵抗としてより意識されるとの指摘あり・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ダウ平均が4日続落だったことや、地政学リスクの高まりなどを受け
円が強含んだことで売りが先行したが、下値は限定的だった
日経平均は小幅続落
東証1部の騰落銘柄数は値上がり854/値下がり1057と売りが優勢

この中、買収観測が報じられた野村不動産HDの急騰が呼び水となり
不動産株全般に買いが波及

また、日立やスズキが決算を受けて大幅上昇となったほか、市光工業や
アミューズ、じげんなども決算を手がかりに急伸

その一方で、そーせいは決算が売り材料となり大幅安となったほか
名村造船や石原産業は2桁の下げとなり、モーゲージSやダイヤモンド電機は
ストップ安まで売られていた

マイナスながら日経平均、TOPIXとも高値引け
円高進行やサイバーテロへの警戒、地政学リスクの再浮上など、アゲインストの
材料が多くあった割には、非常にしっかりした動き・・・・・・・・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

円強含みを嫌気し売りが先行となっていたが、堅調な業績見通しや株主還元策などを
発表した銘柄には押し目買いが入るなど底堅い動きがみられ下げ渋ったが
日経平均は3日ぶりに反落

この中、決算が買い材料となった楽天が6%超の大幅上昇となったほか、日産自や
SMCなども業績確認で強い動き

また、自社株買いを発表した大成建が上昇し、ヤクルトやOLCも年初来高値を更新
丸井Gやフージャース、力の源HDなども急伸
強気の見通しを発表したアイビー化粧品はストップ高まで買われていた

反面、ルネサスやコニカミノルタ、日立造船などが決算失望で大幅安となり
昼休み時間に決算を発表したデジタルガレージが後場から急落

決算ラッシュの今週に日経平均はしっかり年初来高値を更新し
節目の2万円はつけられなかったが、19800円台で週を終えたのは上々の結果
全般としては強い動きで先高期待は高まったとの指摘も・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!