貧乏サラリーマン投資家が徒然なるままに株式市況を語る!
欧米株高に、ドル円相場も110円台の底堅い動きで推移したこともあり
日経平均は3日続伸

この中、ホンダなど自動車株が全面高となったほか、メガバンクなどの
金融セクターや商社、機械などが堅調に推移

また、白金を使わない燃料電池用の触媒の実用化に成功と報じられた
日清紡HDが大量の買い注文にストップ高比例配分となり年初来高値を大幅更新

モリテックスチールやカーリット、シンフォニアがリチウムイオン電池関連として
物色されたほか、チタン工も引き続き商い活況

半面、公募増資による希薄化が嫌気されゲンキーが大幅安となったほか
神戸物産は3Q累計36%営業増益も材料出尽くしで売られていた


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

地政学リスクの後退に欧米株高や円弱含みを受け東京市場は大幅高
日経平均は大幅続伸となり、19,700円台を回復

この中、リチウムイオン電池関連が全般賑わい、チタン工業が連日で
ストップ高となったほか、巴川製紙所、ジーエスユアサなども物色されていた

また、証券会社による投資判断引き上げで日本製鋼所が大幅高となり
任天堂が後場一段高となり3日続伸し、SMCやキーエンスが年初来高値を更新

半面、連結営業利益予想を前年同期比34.6%減と発表したgumiが安値引けし
石川製作所やイソライト工業なども値下がり率上位にランクイン


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

北朝鮮情勢の緊迫化の後退を受けて、ドル円も108円台半ばで落ち着いた動きを
見せたことで、日経平均は大幅反発し終値ベースで、5営業日ぶりに19500円台回復
上げ幅は約3か月ぶりの大きさとなった

この中、ソニーや日本電産、村田製作所などTOPIXの寄与度が大きい
電気機器セクターが相場をけん引
メガバンクや野村HDなどの証券株の上昇が安心感につながっていた模様

また、電気自動車用リチウムイオン電池関連の安永が大幅反発し高値更新
7月の機械受注が予想を上回ったことで安川電機の他、ツガミなども買われていた

半面、地政学リスクの後退で石川製作所などの防衛関連が軟調だったことや
大幅に4連騰した阿波製紙が急落

ただ、北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄したわけではないので、先行きについては
慎重な見方も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

ドル安・円高が進行したことや、9日の北朝鮮の建国記念日を前に地政学リスクが
一段と高まったことで、持ち高を整理する売りに押され日経平均は反落
終値ベースで、4カ月半ぶりの安値水準まで下落

この中、決算が失望を誘ったくらコーポが12.4%安と大幅下落となったほか
積水ハウスやアルトナーも決算を受けて大きく売られ、直近で急伸した
オリジン電気やフライングガーデンは一転して売り圧力が強まった状況

半面、証券会社の新規カバレッジが入ったN・フィールドがストップ高し
月次好調のシュッピンや上方修正の可能性が報じられたあらた
子会社が仮想通貨交換業者に登録されたと発表したトレイダーズなどが急伸
東証一部への市場変更を発表したアカツキやべステラなども大幅高


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

米株高を背景に、債務上限問題などやハリケーン救済でトランプ大統領と
議会トップが合意したことが安心感につながり、好業績株を中心に
押し目買いに底堅く推移し、日経平均は小幅ながら4日ぶりに反発

この中、証券会社が目標株価を引き上げたコマツが大幅上昇となり
スズキやホンダなど自動車株に強い動き

また、安永や田中化研などリチウム電池関連が値を飛ばしていたほか
決算好調の三井ハイテックはストップ高

半面、東京海上やSOMPOなど保険株が軟調だったほか
月次が弱かった鳥貴族が大きく売られ、ボルテージが新作ゲームの配信開始で
材料出尽くしとなった格好で急落
また、リスク・オフムードがやや和らぐ中、細谷火工は売りが優勢

日経平均は後場に失速して19,400円を割り込んで終えており、一時上げ幅が
一桁となる場面もあったことから、底打ちには先半信半疑との指摘も・・・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!

       

NY市場がリスク回避などから大きく下落したことを受け、東京市場も売り先行

日経平均は一時4カ月ぶりとなる安値をつけたが、売り一巡後は押し目買い優勢となり
大引けにかけ下げ渋ったものの小幅に3日続落
東証1部の騰落銘柄数は値上がり1166/値下がり746と買い優勢

日経平均構成銘柄に採用されたリクルートが大幅高となったほか、日経新聞で
業績に関する記事が報じられたTOKYOBASEが急伸し、ビックカメラのECサイトで
宅配回収サービスを提供すると発表したリネットジャパンがストップ高

半面、防衛関連株は非常に荒い動きとなり、細谷火工は一時15%近く上昇する場面も
あったが、引けでは3%超の下落
また、金融株は軒並み安の展開で、野村HDやみずほが年初来安値を更新

日経平均は小幅に下げたが、TOPIXやマザーズ指数、ジャスダック平均などは
プラスで終えたおり、値上がり銘柄も多かったことから下げ止まりを期待させる動きか・・?


        株ブログ⇔サラリーマン投資家 ランキングはコチラから!